太陽光発電所の賢い架台の選び方2.「ソーラーシェアリング用架台」の選び方~

2020-06-23

太陽光発電所賢い架台の選び方

2.ソーラーシェアリング用架台」の選び方~



増え続ける耕作放棄地や担い手不足など、日本の農業が抱える様々な課題を解決する可能性を秘めた営農型太陽光発電ソーラーシェアリング)。2018年に農地の一時転用許可期間が最大10年に延長されたこともあり、日本全国で導入が加速している。 


太陽光発電による収益で農業を長期安定的に支えるためには、土台となる架台の選定が重要だ。 


パネル下で農作業を行うため、高い安全性が求められる。長期的に安心して営農できるよう、優れた耐久性も必須だ。事業性を高めるため、施工コストも抑えたい。 


弊社は、特高案件だけでなく、ソーラーシェアリングにおいても豊富な実績を有する。農地に設置するタイプはもちろん、ハウス屋根に設置するモデルも取り揃え、安全性・耐久性・施工性に優れた架台を低コストで提供している。


ソーラーシェアリングで日本農業の未来を変える、その第一歩が信頼できる架台選びだ。



・ソーラーシェアリング用架台に求められる三つの性能



1.まず、何よりも安全性


パネルの下で農作業を行うソーラーシェアリングでは、野立ての太陽光発電所以上に高い安全性が求められる。万が一の事故が決して起きないように、架台の選定において何よりも重視されるべきポイントだ。



2.安心できる耐久性


農地の一時転用許可期間は最大10年だが、あくまで10年を超えて継続できることが前提だ。長期にわたって安心して使用できるよう、優れた耐久性が欠かせない。


3.コストを抑える施工性


ソーラーシェアリングには、営農の継続を経済的に支えるという重要な役割がある。十分な事業性を確保するためにも、現場での手間が少なく施工コストを抑えられる架台を選びたい。



農地だけでなく、
ハウス施設でのソーラーシェアリングも。


農地の上に設置する一般的な方法だけでなく、ハウス施設の屋根に設置するという選択肢もある。営農と発電を両立する方法は架台によって可能性が広がるのだ。


(出処:ソーラージャーナル)

奮安 中国アルミ型材のリーダーブランド。
 アルミ型材、システムドア、ウインドウとステンレスの一体化ソリューションを提供する専門家

  • facebook
  • google+
  • twitter
  • linkedin
  • youtube

著作権 © 2020 Fujian FOEN Alumnium Co., Ltd..全著作権所有.

   

サービスする専門チーム !

今すぐチャット

ライブチャット

    ご提案を随時、受け付けております。