太陽光発電所の賢い架台の選び方 1.「野立て用架台」の選び方~

2020-06-11


・最適な架台の選択が発電所作りの第一歩


FIT開始以来、日本における太陽光発電所といえば、なんといっても「野立て」が中心だ。しかし、ひと口で野立てといっても、条件は様々。

100MWを超えるメガソーラーから50kW未満の低圧まで、日射条件にすぐれた平地の案件もあれば、傾斜地で森に囲まれた案件や、積雪を避けられない場所など、規模はもちろん設置条件も様々だ。今回は、その「野立て」に絞って架台選びの見落としがちなポイントをご紹介しよう。

まず、架台選びによって変わってくるのは、単純な部材コストだけではない。施工時の工数や長期的なメンテナンスコストも変わってくるのだ。傾斜地であれば、現地でパネル角度を調節できるものが望ましいし、積雪地であれば、耐荷重が重要なポイントとなるだろう。もしそれらの条件を考慮しなければ、長期的なコストがかさんでしまうかもしれない。

最適な架台を選択して、最高の太陽光発電所を作ろう!


・見落としがちな三つのポイント


1.施工コストを考える

架台自体が安ければ自動的に建設コストが下がる、というわけではない。たとえば、高価格な製品を選択しても、出荷時にある程度組み立てられているものなら施工工数が減るためコストを抑えられる。

2. メンテナンスコストも考える
「積雪は最大何cmを想定するか?」「塩害対策はどの程度必要?」など、長期的なメンテナンスも考えて、発電所のコストパフォーマンス最大化を基準に選択することが肝要だ。

3. 素材選びは耐久性も考える
アルミ架台は軽く、スチールは重いが比較的コストが低い。素材選びは製品自体のコストはもちろん、設置する土地で求められる耐久性(積雪対応や塩害対策など)も考慮しよう。


ひとことで「野立て」と言っても状況は千差万別


メガソーラーから低圧まで幅広い規模があるが、土の性質や傾斜、必要な高さ、積雪対応の有無など、建設する土地によって様々な条件に合致した架台を選ばなければならない。


1.一本足架台



2.N型架台



3.A型架台



4.W型架台



(出処:ソーラージャーナル)

奮安 中国アルミ型材のリーダーブランド。
 アルミ型材、システムドア、ウインドウとステンレスの一体化ソリューションを提供する専門家

  • facebook
  • google+
  • twitter
  • linkedin
  • youtube

著作権 © 2020 Fujian FOEN Alumnium Co., Ltd..全著作権所有.

   

サービスする専門チーム !

今すぐチャット

ライブチャット

    ご提案を随時、受け付けております。