世界的潮流の太陽光発電システムを構築するメリットとは

Mar. 26,2018

スト削減を目指し、いち早く1,500Vシステムに取り組む

   太陽光発電を主軸とした日本の再生可能エネルギー(以下、再エネ)の普及が基幹電源化へ向けて勢いを増している。しかし、再エネの大量導入を実現するためには「コスト競争力」と「長期安定電源化」という課題が残されている。とくに太陽光発電は海外では発電コストが10円/kWhを切る勢いで推移しているのに比べ、日本のイニシャル・コストはまだ高止まりしているのが現状だ。


     世界的に太陽光発電システムの仕様は、直流1,000Vから直流1,500Vへと転換し始めている。とくに米国では1,500Vの採用が進み、既に2016年に全需要の60%を占めた。今後、1,500V採用の動きは米国からインド、中東、中国などへ急速に波及し、グローバル市場を席巻すると予測されている。当然日本でも、今後1,500V採用が進み、2018年が1,500V元年として記憶されることになるだろう。

太陽光発電業界の中でも、いち早く高圧案件で1,500Vシステムに取り組んだアンフィニ技術部部長の川崎氏は「FITの売電価格が下がり、コスト削減を模索する中で、米国での1,500V採用の動きが加速化している状況を踏まえ、早速本格採用の検討に入りました。システム内の処理電圧を600Vから現在主流の1,000Vへ変換した際、コスト削減できた経験があり、今回も削減できると直感したからです」と導入経緯を明かす。


              環境ビジネスより

奮安 中国アルミ型材のリーダーブランド。
 アルミ型材、システムドア、ウインドウとステンレスの一体化ソリューションを提供する専門家

  • facebook
  • google+
  • twitter
  • linkedin
  • youtube

著作権 © 2019 Fujian FOEN Alumnium Co., Ltd..全著作権所有.

   

サービスする専門チーム !

今すぐチャット

ライブチャット

    ご提案を随時、受け付けております。